お知らせ・新着情報

「火災保険」について知ってほしい! ~blog

 

動画はこちらから♪【tictok】

 

こんにちは♪

 

11月も後半にさしかかり、気温が10℃~20℃くらいの日が多くなっていますね。

 

暖房器具を使い始めたご家庭が増えてきたのではないでしょうか!

 

 

足元ヒーターのイラスト 暖房で暖まる人のイラスト  床暖房のイラスト

 

 

 

 

11月は、建物火災件数が増加するタイミングでもあります。

 

 

 

 

 

出典:消防庁ホームページhttp://www.fdma.go.jp/

 

 

ということで、今回は「火災保険」について発信していきたいと思います。

 

 

火事のイラスト

 

 

銀行などで住宅ローンを利用してマイホーム購入時には必ず火災保険に加入しなければいけません。

 

 

この火災保険ですが、マイホーム購入の際の諸費用に含められるのがほとんどです。

 

 

意外と知らない方も多いですが住宅ローンの借入要件のなかに「火災保険への加入」という項目があります。

 

 

保険の代理店のイラスト

 

 

銀行などから借入をすると担保として建物、土地に抵当権という権利が設定されます。

 

もし、住宅が火災で焼失してしまった時に担保である建物がなくなってしまうのでそのリスク部分を保険でカバーする。

 

というイメージです。

 

 

この火災保険はプランや補償額によって金額が大きく変わります。

 

また、火災保険は建物だけではなく家財(家具や家電製品などの生活用の動産)にも保険を掛けることができます。

 

 

テレビをスマホで撮影する人のイラスト(女性) キッチンのイラスト(背景素材) タンスのイラスト

 

家財保険は建物保険と比較して保険料が高いですが使い勝手が良いので金銭的に余裕がある方や心配な方は加入することをオススメします。

 

火災などの事故や落雷や風災などの自然災害により損害を受けたとき、その損害が補償されます。

 

家財の保険料はお持ちの家具や家電によって決めれば良いですが補償金額が高くなると保険料は驚くほど高くなります。

 

100万円~300万円ぐらいの補償金額で良いかと思います。

 

 

火災保険は火事でマイホームが燃えた時は当然利用できますが、それ以外にも様々なリスクに備えることができます。

 

 

 

 

その中の代表例としては水災です。

 

床上浸水のイラスト

 

ですがマイホームを建てる地域が高台であったり、ハザードマップを確認して浸水の可能性が低いのであれば

 

 

保険の対象から外しても問題ないかと思います。

 

 

「これは保険対象にしておいた方が良い」と思うのは

 

「破損・汚損(突発的な事故)」です。(呼び方が異なることがあります)

 

 

どういった補償かというと

 

 

・物を落として床が傷ついた

 

 

・駐車する時に建物に衝突して壁の一部が壊れた

 

 

など自分の不注意や過失でも補償がされるものです。

 

 

家財保険も加入していれば

 

 

・家具をぶつけてドアを壊してしまった

 

 

・テレビをテレビ台から誤って落として壊してしまった

 

 

といったことでも修理が可能です。

 

 

家具が倒れて窓を割るイラスト(事故) 割れた液晶テレビのイラスト

 

 

保険対象にするもの、保険対象外にするもの、補償額をしっかりと考えることで

 

マイホーム購入時の無駄な出費を防ぐことができます。

 

 

デザインハウス浜松磐田は、あなたに寄り添って、

 

マイホーム購入のお手伝いを致します!

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

「マイホーム」の購入前に! blog

こんにちは♪

 

11月に入りましたね!来月はもうクリスマスの時期です!

 

日に日に気温が下がっていき、冬の到来を感じ始めています。

 

寒い中を歩く男性会社員のイラスト

 

 

季節の変わり目ですので、体調にお気を付けください!寝ながら咳をする人のイラスト(女性)

 

 

 

今回は、マイホーム購入前に知ってほしいことを

1つご紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

ご紹介するのは「都市計画税」についてです!税金のイラスト

 

 

建物や土地を所有すると税金が課せられます。tochi_akichi.png (800×596)いろいろな家のイラスト

 

 

「固定資産税」「都市計画税」があり、毎年納めなければいけない税金です。

 

 

これらは毎年1月1日時点の所有者に課せられます。

 

 

 

「都市計画税」とは

 

 

道路や公園などを整備する都市計画事業や土地区画整理事業などの費用に充てることを目的とした市町村税です。

 

 

固定資産税と違うところは、建物や土地の所有者の全員に課されるのではなく、

 

市街化区域にある建物や土地の所有者のみに課されます。

 

 

 

 

では、市街化区域とは?

 

 

「すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」のことです!

 

 

お家や商業施設、ビルなどがある地域、今後そのような地域にしていくところ、という感じですね!

 

 

 

商店街のイラスト 住宅街のイラスト ビルの町並み・オフィス街のイラスト

 

 

 

 

「都市計画税」の税額

 

 

【 課税標準額(固定資産税評価額) × 0.3% 】となります。

 

 

 

 

マイホーム購入を考えている時は、住宅ローンの月々の支払いばかりに注目しがちですが、

 

建物や土地を所有している間は、毎年、固定資産税や都市計画税の支払いがあることも、忘れずに!

 

 

デザインハウス浜松磐田は、お客様がマイホームを手に入れた後も、

 

幸せな気持ちを持ち続けれるように様々なご提案をしていきます♪

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

浜松市都市計画税について
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shisanze/zei/shisanze/tosikei.html

 

《補足》

 

特例措置(土地)

 

住宅用地については、税金が軽減される制度があります。

 

・小規模住宅用地(住宅1戸あたり200㎡まで)

課税標準額(固定資産税評価額) × 1/3

・一般住宅用地(住宅1戸あたり200㎡超えの部分(床面積10倍までが限度))

課税標準額(固定資産税評価額) × 2/3

 

 

免税点措置(建物および土地)

同一の人物が同一の市町村内に所有する
・土地の課税標準の合計が30万円未満
・建物の課税標準の合計が20万円未満
の場合は税金が課せられません。

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

住宅ローン控除って?~延長案~blog

 

こんにちは♪

 

今回は、建物のことではなく、「お金」のことについて発信していきたいと思います!

 

建物のことも当然大切ですが、人生で一度の一番大きな買い物

 

とも言われているマイホーム購入で、

 

「お金」のことをあまり気にしていない方がいらっしゃるかと思います。

 

 

家の見学をしている家族のイラスト

 

 

漠然と住宅ローンを利用しようと思っている方で、

「自分がいくら借りられるのだろう」など考えたことはありますでしょうか。考える人のイラスト

 

 

 

 

マイホーム購入において、住宅本体価格以外に、諸経費として司法書士さんに支払うお金や不動産会社さんに支払う仲介手数料などもあります。

また、土地・建物を所有すると税金が課せられます。

 

 

 

 

 

 

このように、マイホーム購入には必ず「お金」のことが絡んできます。

 

お金を支払う人のイラスト(男性)

 

 

 

 

ということで、今回は、

 

 

「住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」

 

 

についてお話していきたいと思います!

 

 

 

まず、今現在の「住宅ローン控除」のことを簡単に説明すると、

 

 

住宅を新築・取得または増改築して金融機関などから借入金がある場合、

 

13年間の【所得税の税額控除(控除しきれない分は住民税から控除)】

 

の適用が受けられるということです(控除限度有)。

 

 

控除を受けるにあたり、所得金額や住宅の種類、返済期限などの条件もあります。

 

 

下記URL参照

国税庁~住宅ローン控除について~

 

 

この住宅ローン控除の期限・適用ですが、

 

注文住宅では【令和3年9月30日】

 

分譲住宅等では【令和3年11月30日】

 

までに契約をし、住宅の取得日から6か月以内に入居し、

 

各年の12月31日まで引き続き住んでいることが条件でした。

 

 

 

 

 

この「住宅ローン控除」ですが、【延長しよう】

という案が出ました!!!

(決定されたわけではありません。今の状況を考えれば決定されるとは思いますが・・・)

 

しかし、13年間で延長されるのか、もしくは以前の10年間で延長されるのかなどの内容は発表されていません。

 

 

 

 

 

 

住宅ローン控除減税効果とても大きいです。

 

 

 

 

改正内容として、

 

①住宅ローン借入金利を上限とする②控除期間は10年

 

とするなどがあるかもしれませんね。

 

 

この影響により、金融機関の金利や商品が見直される可能性もあります。

 

住宅購入を検討されている方にとっては、

目が離せないですね!

 

 

 

 

 

デザインハウス浜松磐田では、FP・住宅ローンアドバイザーの方が、

「ライフプラン相談会」を無料で実施しています!

 

 

※日程調整やコロナ渦ということもあり事前にご予約が必要になります。

 

 

 

【教育資金、老後、お金の貯め方や増やし方を知りたい!】

 

【住宅ローンに保険が付いてくる⁉ ダブりチェックで安心!節約!】

 

【iDeCoやNISAも活用して繰上返済できる?】

 

などなどのご相談にのります!

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください♪    Eメールを送る男性のイラスト  携帯電話で話す女性のイラスト

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

「マイホーム」と「台風対策」blog

こんにちは♪

10月に入り、暑さが落ち着いたと思ったら、昼間はまだ日差しが強いですね・・・

夕方以降は、「寒い」と感じる日もありますね!

 

 

今回は早速、前回に引き続き「台風とお家」について、

台風対策をご紹介していきたいと思います!

 

近年、台風の威力は増しており、お家が壊れてしまうなんてことも不思議なことではありません。

 

 

 

台風にお家を壊されないために、「対策法」を知っておきましょう!

 

 

 

【被害が出る前の対策】

 

 

 

 

①お家の屋根を定期的にチェックし、異常があれば補修する

 

 

台風によって被害に合いやすいお家の屋根は、定期的にメンテナンスをし、雨漏りの可能性がある場合などの異常が発見されたら補修しましょう。

 

 

 

 

 

 

1995年以前、阪神淡路大震災前の瓦の葺き替え工法は引っ掛け工法で、瓦は桟木に引っ掛けて止めているだけなので、巨大地震において多くの瓦屋根が倒壊してしまいました。

 

 

 

阪神淡路大震災の教訓を活かし、1995年以降に建てられた建物の屋根は台風などによる被害を抑えるために工夫がされています。
簡単に説明すると、瓦を釘・ビスで屋根本体に固定するようになりました。

 

「瓦屋根ではない」「1995年以降の建物」であっても定期的なチェックを忘れずに行いましょう!

 

 

 

 

 

屋根だけでなく外壁の点検も重要ですね!

 

 

 

 

 

②大雨による浸水対策

 

 

大雨が長いこと降り続けば、堤防が決壊して川が氾濫する可能性が高まります。

近年起きた、2015年の鬼怒川氾濫や2020年の球磨川氾濫のようになってしまうこともあるでしょう。

 

他にも2018年の西日本豪雨2019年の台風19号による被害もあります。連日ニュースになっていましたね。

 

 

 

 

少しでも被害を抑えるためには、お家のメンテナンスだけではなく、浸水にも注意を払う必要があります。

 

 

・簡易土のう、水のうを用意する

 

お近くのホームセンターなどで購入することもでき、自分で作ることもできます!    
Youtubeで色々な方々の作業動画がありますのでお時間のあるときに見てみてはいかがでしょうか(便利な世の中になりましたね(^-^;))

 

 

水害が起こると、水が玄関や窓から侵入してきたり、トイレや浴室などの排水溝から水が浸入してくる可能性もあります。

 

 

また、床上浸水の場合は、床下収納の蓋が開き、そこからの水の侵入もありますね。

 

 

 

 

水の侵入の恐れがある場所は、土のうや水のうを使って浸水を防ぎましょう!

 

 

 

 

③雨戸やシャッターの設置

 

 

 

台風により飛ばされた重い物や硬い物が窓に当たれば、簡単に割れてしまうでしょう。
割れてしまえば室内にガラス片が散乱したり、風雨が入り込んだりとお家の中に被害が出ます。

 

 

 

この被害を防止するために、雨戸やシャッターの設置をオススメします!

窓に飛散防止フィルムを貼ったり、養生テープを×の形で貼り窓ガラスを補強するのも対策の一つです!

 

 

 

 

 

④屋外に置いてある物をお家の中に入れる

強風によりお家の外の物が飛ばされた場合、自分のお家だけでなく、他のお家に被害を与えてしまうこともあるので、屋外にある物はお家の中に入れましょう。
お家の中に入れるのが難しい場合は、飛ばされないように頑丈に固定しておきましょう。

 

 

 

 

 

ここまで、台風対策をご紹介しましたが、台風は地震とは違い、いつくるのかが予想しやすいです。そのため、事前の対策もしやすいかと思います。

 

 

 

ご紹介した台風対策以外にも、色々な台風対策がありますので、被害が出る前に準備しておきましょう!

 

 

デザインハウス浜松磐田では、シャッターが標準仕様になっているプランもございます♪

 

自分自身、家族、大切な人を守るためにも、対策を怠らずに!

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

「マイホーム」と「台風」blog

こんにちは。

台風の発生が続いていますね。

 

 

 

 

 

毎年、夏から秋にかけ日本に上陸する「台風」ですが、年々台風の被害は大きくなってきており、お家を壊したりして人々に被害を与えています。

 

台風から自分自身を守ることは当然のことですが、お家を守っていくことも大切なことですよね!台風からお家を守るために、事前の対策をしましょう!

 

 

ということで、今日は「台風とお家」について考えてみたいと思います!!

 

 

 

・台風によるお家が壊れる時の被害事例

 

 

 

①飛んできた物がお家に当たり破損

 

経年劣化により、屋根や外壁が飛んだりするのはコワいですね・・・
メンテナンスが重要です!

 

 

 

 

 

②経年劣化部分からの雨漏り

 

台風はほとんど雨も降るため、屋根の防水シートの劣化やヒビ割れなどから

雨が入ってきます。
これもまた、メンテナンスが重要となりますね!

 

 

 

 

 

③大雨の影響による浸水被害

 

近くに川があったりすると氾濫する可能性がありますね。
避難する方法をあらかじめ決めておくと、ここぞの時に安心です!

 

 

 

 

 

 

 

・風速ナンmでお家に被害が出るのか

 

風速20m以上の台風になると、屋根が飛んだり、外壁が壊れる可能性があります。

また、風速40m以上にもなると、お家が倒壊するなんてことも・・・

 

 

 

 

 

 

最近の台風は勢力が拡大していて、お家が壊れてしまう危険性が高まってきており、

いつお家に被害をもたらすのか予想がつかない状況になっています。

自分自身家族大切な人が暮らすお家はとても大切なものです。被害が出る前の対策について「次回」ご紹介します!

 

 

既に「知ってるよ~」って方も、今一度確認のために読んでみてください♪

 

 

ちなみに、デザインハウス浜松磐田では、台風が来る前に、店頭にある「のぼり」などを店内に片づけています!ついでに、店舗付近に飛んでしまったら危険なものが落ちていないかもチェックもしています。

 

当たり前のことを、当たり前に!

 

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

お家タイム~オール電化~blog

こんにちは。

 

今もなお、「新型コロナウイルス」のニュースは続いていますね。

皆さんの生活スタイルは大きく変わり、お家で過ごす時間が増えたのではないでしょうか。

 

ということで、今回は「オール電化住宅」について考えてみたいと思います!!

 

 

 

まず「オール電化住宅」とは、ご家庭で必要となる全てのエネルギー源を電気でまかなう住宅です。「ガスを使っていない住宅」と想像していいと思います。

 

IHクッキングヒーターが特徴的ですかね!

 

 

 

 

 

 

 

オール電化住宅のメリット

 

 

・光熱費を節約

一般的な住宅の場合、電気及びガスそれぞれに基本料金を支払っています。

オール電化住宅では、料金を電力に一本化できるため、上手に使うことで光熱費を抑えることができます!

 

 

 

 

 

 

・建設コストの削減

 

ガス配管工事が不要なため、その分建設コストが安くなります!

 

 

 

 

 

 

・火やガスの事故が起こりにくい

 

 

大きなメリットとも言える「安全性」ですね!

火事やガス漏れ、ガス爆発などの危険性が低くなります!

 

 

 

 

 

 

・自家発電した電力の使用

 

太陽光発電システムなどで自家発電した電力を消費することができます!

 

 

 

 

 

 

・災害時の早期復旧

 

 

災害の多い日本にとって、ライフラインが止まる危険性は高いです。電気の復旧は、水道やガスと比べると早い傾向にあります。例えば、2011年3月11日に起きた東日本大震災では、被災から3日後に、電気は約80%、8日後には95%ほど復旧しています。

 

浸水被害などの影響がなければ、「オール電化住宅」ならば早期の復旧が期待できますね!また、太陽光発電と蓄電池の組み合わせにより、安心感が高まりますね!

 

 

 

 

 

 

 

【オール電化住宅のデメリット】

 

 

・停電時は全てが機能不能となる可能性

災害などにより、停電した場合はお家の中の電化製品は一切機能しなくなります。太陽光発電と蓄電池の組み合わせは強い味方かも・・・

 

 

 

 

 

料理好きにとっては辛いかも・・・

 

 

IHクッキングヒーターではガスを使わないため、直火調理はできません。こだわりがある方には不向きの可能性がありますね。

 

 

 

 

・ガス併用が困難

 

 

一度「オール電化住宅」を建ててしまうと、改築しない限りガスへの再乗り換えが難しくなるので、慎重に検討することが必要です。

 

 

 

 

この他にもメリットデメリットはあります。上記をご参考に!

 

 

 

 

【オール電化で、電気代の節約術】

 

・お家の断熱性能をあげて冷暖房費を削減!

 

・オール電化住宅向けの料金プランを選択!

 

・電気料金が割安な夜間の使用率をあげる!

 

・お湯の使用量や季節に合わせて温水器の設定を変更!

 

・太陽光発電を設置して節電!

 

 

この他にも調理器具を変えたりと色々な電気代節約術があります!

色々試してみてはいかがですか!

 

「オール電化住宅」を理解して、「オール電化住宅」の検討を!

デザインハウス浜松磐田でも、費用のかからない太陽光搭載プランもございますので、お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

地震・・・耐震等級って?blog

はじめまして、デザインハウス浜松磐田です!
今後、ブログを投稿していきますので是非読んでみてください♪

 

昨今、地震の被害に見舞われることが多くなり、「耐震」という言葉をよく耳にするようになったかと思います。
ですので今日は、「耐震等級」に関する基礎知識を少しお話していこうと思います。

 

まず、「耐震等級」とは何か。
地震に対する建物の強度を示す指標の一つで、素人でもわかるような目安として表示されているのが、「耐震等級」という基準です。
住宅の性能表示制度を定める「品確法」に沿って制定されたもので、地震で建物が崩壊しないよう、地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊等のしにくさを表示したものです。

【耐震等級1】
建築基準法で定められた、建物に備わっているべき最低限の耐震性能を満たしていることを示すものです。
これは、震度6強から7に相当する、数百年に一度起こる大地震に耐えうる強度を持つように構造計算されています。
2016年4月に発生した熊本地震は震度7でしたが、このレベルを想定したものと考えれば分かりやすいかと思います。
今現在、建築される住宅が耐震等級1をクリアしたものです。

 

【耐震等級2】
上記の耐震等級1の1.25倍の倍率の耐震強度があることを示すものです。
「長期優良住宅」として認定されるには、耐震等級2以上の強度を持つ必要があります。
災害時の避難場所として指定される学校や病院・警察署などの公共施設は、必ず「耐震等級2」以上の強度を持つことが示されています。

 

【耐震等級3】
耐震等級1の1.5倍の耐震強度があることを示すものです。
住宅性能表示制度で定められた耐震性の中で最も高いレベルです。
災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署などは、その多くが「耐震等級3」で建設されています。

 

以上が、耐震等級のランクで、その数字が大きければ大きいほど建物の耐震性能が高いです。

 

免震・制震という言葉もよく耳にするかと思いますが、これらは、耐震とは違う方向から建物を守ろうとするものです。

 

免震は、建物に入る地震の揺れ幅を軽減し、家の中と建物そのものの安全を守ろうというものです。地震の揺れが建物に伝わりにくい構造を目指すものです。

 

さらに、制震は建物内部にダンパーなどの「制震部材」を組み込み地震の揺れを吸収するというものです。

 

 

 

ある程度予算をかけて耐震等級をあげるか、住みやすさに重点を置いて耐震等級に目をつぶるのか、地盤の強さなどから耐震等級を決定するのか・・・「耐震等級」について、しっかりと知識を持っていれば様々な選択肢が用意できそうですね♪

 

まだお伝えしたいことはありますが、今日はこの辺にしておきたいと思います!
住宅購入に際してお役に立てる情報をご提供できるように頑張っていきたいと思いますので、次回以降も宜しくお願い致します。

 

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

ローコスト住宅のデザインハウス浜松磐田のホームページ へようこそ!

デザインハウス浜松磐田のホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

この度、ローコスト住宅専門サイト「デザインハウス浜松磐田」のホームページを新規にオープンいたしました。
皆様にご満足いただけるホームページをめざして コンテンツの拡充等を行う予定ですのでよろしくお願い申し上げます。

デザインハウス浜松磐田
〒430-0817 静岡県浜松市南区頭陀寺町338番地5 太田ビル1階

TEL:053-424-6556

https://www.dh-hamamatsu-iwata.com/

PAGE TOP ▲